STICPAY(スティックペイ)

STICPAY(スティックペイ)

現在では、EcoPayz(エコペイズ)、iWallet(アイウォレット)、Venus Point(ヴィーナスポイント)等、様々な決済手段が出てきておりますが、STICPAY(スティックペイ)もその一つ。かなり新興勢力なので、使えるオンラインカジノが少ないのがネックですが、要チェックの決済手段です。

STICPAY(スティックペイ)とは

STICPAY(スティックペイ)は、オンラインカジノやブックメーカー、海外FX等の入出金手段として使えるオンラインウォレットです。
もちろん、オンラインショッピングや個人間送金などにも優れたパフォーマンスを発揮します。現状、日本人の方だと海外FXを主戦場にされている方が多く使っているのではないでしょうか?
逆にオンラインカジノではメジャーどころがまだ使えないので、あまり広まっていないイメージです。
海外送金の場合、かかるコストや時間を大幅に圧縮することが可能です。

 

2017年にスタートしたサービスでかなり新しい会社です。香港に本社があり、イングランドのプレミアリーグにスポンサー契約をするなど、企業としては比較的しっかりしたイメージです。

 

STICPAY(スティックペイ)の口座開設

口座開設は簡単です。今後使えるオンラインカジノが増えてくる可能性もありますので、とりあえず、解説してしまってもいいのかな?と思っています。ここではSTICPAY(スティックペイ)の口座開設についていつも通り図解説明していきます。

 

まずは、STICPAY(スティックペイ)公式サイトにアクセスします。

sticpayの口座開設1

 

上段にSTEP毎にやる項目が書いてあるのでわかりやすいです。もちろん、STEP1からスタートします。

sticpayの口座開設2

 

STICPAY(スティックペイ)の口座開設にあたって必要な、氏名・生年月日を入力していきます。アルファベット入力になりますので、注意してください。

sticpayの口座開設3

 

続いて、パスワードの設定と、国籍の選択、利用する通貨の選択をします。(通貨はメインで使うオンラインカジノと合わせるとベターです。)最後に規約等の確認チェックが必要です。一番上の四角をチェックするとその下全部にチェックが入りますので、ご注意ください。

sticpayの口座開設4

 

STEP2はSMS認証です。自分の携帯電話番号を入力します。国番号は先に入っていますので、一番初めの『0』を省略して入力します。

sticpayの口座開設5

 

届いた認証番号を入力すると自動的に承認されます。

sticpayの口座開設6

 

以上でSTICPAY(スティックペイ)の口座開設手続きは完了です。

sticpayの口座開設7

 

登録したメールアドレスの受信トレイを確認すると以下のようなメールが届いているはずです。このあと、本人確認書類や住所確認書類の提出が必要になります。

sticpayの口座開設8

 

STICPAY(スティックペイ)対応のオンラインカジノ

現在確認できているオンラインカジノはBettilt(ベットティルト)です。今後増えていくことを期待しましょう。

 

STICPAY(スティックペイ)の手数料

ここはかなり大事なお話です。STICPAY(スティックペイ)の入出金にあたっての手数料について表にまとめましたのでご確認ください。まずは、STICPAY(スティックペイ)への入金手数料です。

入金手段 手数料率
海外銀行送金 1%
国内銀行送金 2%
クレジットカード(VISA、MASTER) 3.85%
UnionPay 1.5%
仮想通貨(ライトコイン、イーサリアム) 1%

ちなみに国内銀行送金での1回あたりの入金額は日本国内の銀行の場合、最小5000円〜最大100万円となります。
続いて、STICPAY(スティックペイ)からの出金手数料です。

出金手段 手数料
海外銀行送金 5%
国内銀行送金 800円+1.5%
UnionPay 2%
STIC CARD(スティックカード) 1.3%
仮想通貨(ビットコイン、ライトコイン、イーサリアム) 1%

国内銀行送金での1回あたりの出金限度額は日本国内の銀行の場合、最小3000円〜最大99万円となります。

お薦めオンラインカジノ

オンラインカジノ総合情報サイト