逆マーチンゲール法の解説です。

逆マーチンゲール法(パーレ―法)とは

逆マーチンゲール法とは、オンラインカジノ攻略法のひとつでパーレ―法とも言われます。その名の通り、マーチンゲール法の逆をいく攻略法になります。つまり、負けた時にベット額を増やすのではなく、勝った時にベット額を増やします。

 

連勝すると大きく勝てる方法ですが、止め時が肝心な攻略法でもあります。マーチンゲール法と同様難しいことはありませんので簡単に解説いたします。

 

基本的にはルーレットの赤・黒などベット額の2倍の配当を受けられるゲームで使用します。例えば、$1スタートでベットする場合、

回転数   1   2   3   4   5   6
ベット額   1   2   4   8   16   32
利益  +1  +3  +7  +15  +31  +63

マーチンゲル法の逆ですので、ベット額については当然同じになりますが、違うのは連勝時の利益です。6連勝すると$1が$64に早変わり!ただし、いくら連勝しても一度負けると−$1です。どこまで連勝したら止めるかをあらかじめ決めておくといいでしょう。$1のスタートですからどこで負けても$1の損失で済みますが、一度プラスがつくと損した気分と負けた感が出てしまうので要注意です。

 

一度6連勝してしまえば、その前に50連敗していても勝ってることになるのが魅力的な攻略法ですが、もちろん弱点はあります。先にお伝えした止め時を間違えるといくらその時点で勝っていても、たった一度の負けで元の黙阿弥になってしまうこともですが、その他にも気をつけなければいけないことがあります。

 

@連勝ができないと地味にマイナスが増え続ける。
AMAXベットの制限を確認しないと対して儲からない。

 

戦略として弱点はあるものの非常に面白い方法ではあります。オンラインカジノで遊ぶにあたって一度は試してみたい方法でもあります。ブラックジャックやルーレットなどで試してみたらいかがでしょうか?オススメはベラジョンカジノです。

 

 

 

逆マーチンゲール法(パーレ―法)実践記録

マーチンゲール法を実践したときにルーレットでやりましたので、同じゲームでは芸がないと思いますので、逆マーチンゲール法はバカラで実践しました。ブラックジャックでもよかったのですが、バカラの方が連勝がしやすいと踏んで選びました。

 

実践に使ったのは、ネットベットカジノここは、スロット中心に遊んでいるオンラインカジノですが、バカラ・ブラックジャック・ルーレットともにミニマムベットが$0.1と初心者向けで実践にはもってこいのカジノなのでこちらを利用しました。

 

実践のルール

 ルールは至って簡単で、5連勝(+$3.1)又は$3を使い切ったらおしまいです。

 

まずはスタート時点の確認です。スタートは$1000からです。

ネットベットカジノのバカラ画面1

 

なかなか連勝が出来ません・・・もちろん勝つこともありますし、2連勝・3連勝位までは何とか行くのですが・・・あっという間に$2がなくなりました。まあ、ミニマムベットが低いのであんまり負けてる気分にはなりませんけどね(笑)

ネットベットカジノのバカラ画面2

 

その後も順調に負け続け・・・あっという間に逆マーチンゲール法の実践検証終了です。

ネットベットカジノのバカラ画面3

 

実践時の運もあると思いますが、マーチンゲール法が1勝すればいいのに対して、逆マーチンゲール法は連勝が必要なのでなかなか使いづらいです。3連勝でやめてもたいして儲からないし、あまり実戦向きではない気がします。また、気が向いたら他のゲームでも実践してみようと思います。

お薦めオンラインカジノ

オンラインカジノ総合情報サイト